メニュー

健診で【血糖値・HbA1cが高い】と言われたら

健康診断で「血糖値が高い」「HbA1cが高い」と言われたら

糖尿病は自覚症状がほとんどないのが特徴です。そのため、健診で行われている血液や尿検査が、糖尿病早期発見の目安となります。
しかも、血糖値が高い状態が長く続くと細い血管では合併症が起こり、太い血管では動脈硬化が進行します。
診断を受け治療を開始すれば、合併症の進行を予防することもわかってきました。
だから、健康診断で「血糖値が高い」「HbA1cが高い」と言われたら、まずは医療機関で検査を行い診断してもらいましょう。

糖尿病は自覚症状がほとんどないのが特徴です、そのため、健診で行われている血液や尿検査が、糖尿病早期発見の目安になります。

お茶の水院の予約はこちら

秋葉原院の予約はこちら

そもそも、血糖値・HbA1cとは?高いと糖尿病?

血糖値は食事と関係があります。
食事をした後は、吸収されたブドウ糖が血液の中に入って血糖値が上がりますが、健康な人であればすぐにインスリンが分泌されて下がります。
糖尿病診断のための検査は食事によって変動する血糖値が考慮されています。

糖尿病の診断

  1. 随時血糖検査(食事からの時間を決めない):200mg/dl以上
  2. 空腹時血糖検査(朝食を抜いた空腹の状態):126mg/dl以上
  3. 75gOGTT(ブドウ糖負荷試験、10時間の絶食が必要):2時間値 200mg/dl以上
  4. HbA1c>6.5%

血糖値やHbA1cが高いとどうなるの?症状や合併症は?

血糖値やHbA1cの数値が高いと、糖尿病という病気にかかりやすくなります。
この病気は、血糖値の長期的な高い数値が原因で、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、腎臓などに影響を及ぼすことがあります。
また、糖尿病は自覚症状が少ないため、進行が早い場合もあります。
いろいろな場所に症状をおこすので、いっけん、複雑にみえるかもしれません。

しかし、根っこは同じです。
血糖値が高い状態が長く続くと細い血管では合併症が起こり、太い血管では動脈硬化が進行するという、血管の病気なのです。

細い血管が集中する場所で起こる合併症には3つあります。
目では網膜症が起こり、進行すると失明に至ります。
腎臓では腎症が起こり、進行すれば血液透析に至ります。
神経では神経症が起こり、進行すれば足を切断することもあります。

糖尿病による太い血管での動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞の主要原因になります。

太っていないのに糖尿病になるの?

私は肥満ではないので糖尿病は大丈夫だと思っていませんか?
人には糖尿病になりやすい素質を持っている人とそうでない人がいます。
たとえ、ご自身には過去に太ったり運動不足や過食がなかったとしても、ご家族やご兄弟に糖尿病の人がいたり、家族に肥満の人がいたら遺伝性の場合もあり、注意が必要です。
また、身長と体重からは肥満ではなくても、体脂肪が多い隠れ肥満のこともあり、こちらも注意が必要です。

糖尿病が疑われた際に実施する検査について

高血糖主訴で来院された際に注意が必要なのは、既に進行した糖尿病がないかです。
のどの渇き、体重減少、トイレが近いなどがあるかないかを問診で確認します。
これらの症状があれば糖尿病の可能性が高く、直ぐに血液検査や尿検査を行います。
必要に応じて、経口ブドウ糖負荷試験という診断方法を使う場合もあります。
糖尿病が疑われる方に対し、一定量のブドウ糖が含まれた飲み物を飲んでいただき、一定時間経過後に採血を行って、血糖の経時変化をもとに糖尿病かどうかを評価する検査です。
日本糖尿病学会の基準に従って75gのブドウ糖水溶液を飲んで、その後2時間までの血中ブドウ糖濃度を測定していだだきます。

血糖値・HbA1cが高い原因を知り、生活習慣を改善させましょう

高血糖の原因には普段の生活習慣が大きく関与します。
生活習慣以外でも、ステロイドなどの薬でも血糖値が上がってしまう場合があります。
しかし、血糖値が上がっている原因が何であれ、合併症の発症を予防したり進行を遅らせたりするために、血糖値を下げるための取り組みや工夫は必要になってきます。

そのためには運動療法と食事療法が中心になります。
週3回以上の有酸素運動がお勧めで、汗をじんわりかく程度の有酸素運動を1日30分、週3回以上行えばより効果的です。
食事はバランスよく取ることが大切です。
特に、身体活動のエネルギー源である炭水化物、糖分を多く含む果物、甘いお菓子、アルコール摂取は多くなり過ぎないように心がけてください。
全く摂取しないのも健康を害するので、やり過ぎには注意しましょう。

実際、自分だけで運動や食事療法を継続するのは大変であり、是非とも医療機関に相談してみてください。
無理なく継続できるように、サポートさせて頂きます。

お茶の水院の予約はこちら

秋葉原院の予約はこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME