メニュー

メタボリックシンドローム

健康診断で「メタボリックシンドローム」を指摘されたら?

メタボリックシンドロームを指摘された場合、自覚症状がなくても、または日常生活に支障がなくても、一度医療機関で検査を行い、診断してもらうことを勧めます。
メタボリックシンドロームとは、複数の生活習慣病が合併した状態のことで、脂質異常症、高血圧、高血糖、肥満、腹囲増大などの症状が見られます。
これらの症状がある場合、メタボリックシンドロームの可能性があります。
特に、腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合は、内臓脂肪が蓄積している可能性が高く、メタボリックシンドロームのリスクが高まります。

メタボリックシンドロームは、放置すると様々な病気を引き起こす恐れがあります。
早期発見、早期治療が大切です。
健康診断でもメタボリックシンドロームの検査が行われていますが、基準値を超えた場合は、一度医療機関で検査を受けることをお勧めします。

医師が患者さんの腹囲や内臓脂肪を調べ、必要に応じて血液検査などを行い、メタボリックシンドロームの原因を調べます。
治療には、生活習慣の改善が基本となります。
食生活の改善や運動習慣の定着などで、脂質異常症や高血圧、高血糖などの改善が期待できます。

メタボリックシンドロームは、自覚症状がなくても病気のリスクが高まる恐れがあります。
健康診断でも検査が行われますが、基準値を超えた場合は、一度医療機関での検査を受け、早期発見、早期治療を心がけましょう。

診察予約はこちら

健康診断で指摘される「メタボリックシンドローム」の診断基準とは?

メタボリックシンドロームとは、複数の生活習慣病が合併した状態のことを指します。
具体的には、肥満、高血圧、高血糖、脂質異常症などが見られ、これらの症状がある場合にはメタボリックシンドロームの可能性があります。
また、ウエストの周囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上である場合も注意が必要です。

メタボリックシンドロームが放置されると、糖尿病や動脈硬化などの病気を引き起こすリスクが高まるため、早期発見、早期治療が重要です。
特定健康診査や特定保健指導などでもメタボリックシンドロームの検査が行われ、厚生労働省でもその予防に力を入れています。

診断基準は、厚生労働省によって定められています。
複数の症状がある場合、メタボリックシンドロームと診断されます。
具体的には、ウエストの周囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上であること、これに加えて下記の3つのうち2つ以上の症状がある場合です。

  • 高血圧(収縮期血圧130mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上)
  • 高血糖(空腹時血糖値110mg/dL以上)
  • 脂質異常症(中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロール40mg/dL未満)

メタボリックシンドロームは、生活習慣の改善によって予防が可能です。
適度な運動やバランスの良い食事、ストレスを減らすなどの生活習慣改善が必要です。
健康維持のために、ウエストの周囲や血圧、血糖値などの健康状態を定期的にチェックし、早期発見、早期治療に取り組みましょう。

メタボリックシンドロームの原因とは?

メタボリックシンドロームになる原因は、運動不足や生活習慣の乱れが大きな要因となります。
この状態が長く続くと、血圧が高くなったり、内臓脂肪がたまったりすることがあります。
また、体重が増えすぎたり、エネルギーの取り過ぎや脂質異常、栄養の偏り、喫煙なども原因になることがあります。
男性に比べて女性の方が発症しにくい傾向があります。運動をすることや、バランスの良い食事、禁煙など、健康的な生活を心がけることが大切です。
また、BMI(体重の指数)が25以上である場合は注意が必要です。

メタボリックシンドロームと生活習慣病の関係性とは?

メタボリックシンドロームは、運動不足や食生活の乱れなど、生活習慣が原因でおこる病気です。
この病気が進行すると、高血圧や高血糖、脂質異常症(高脂血症)など、いろいろな病気や症状が現れることがあります。
その中には、糖尿病や心筋梗塞などの深刻な病気もあるので、注意が必要です。

メタボリックシンドロームは、体内の脂肪が増えることによって生じる状態で、血糖値や血圧、hdlコレステロールなどの数値が悪化することがあります。
この状態が長く続くと、心筋梗塞や脳梗塞などの危険が高まります。

生活習慣を改善することで、メタボリックシンドロームや生活習慣病の予備軍となる動脈硬化を予防することができます。
毎日の食生活や運動、禁煙などの生活習慣を見直し、健康な体を保ちましょう。

メタボリックシンドロームを指摘された際の検査

メタボリックシンドロームで受診した際には、医師があなたの症状や生活習慣について問診を行います。
その後、血液検査が必要になる場合があります。
この検査では、採血をして、血液中の糖分や脂質などの数値を調べます。
また、内臓脂肪を測定するエコー検査も行うことがあります。

これらの検査を通じて、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)など、メタボリックシンドロームの原因となる疾患があるかどうかを診断します。
診断がつけば、早めの治療や生活習慣の改善が必要になる場合があります。
怖がらずに、正確な検査で原因を調べていくことが大切です。
病気を予防するためにも、定期的な健康診断を受けることをおすすめします。

メタボリックシンドロームを指摘されたら、医療機関で治療しましょう

メタボリックシンドロームは、放っておくと糖尿病や高血圧、脂質異常症などの病気につながることがあります。
症状がなくても、検査で数値が高い場合は、病気になる前に治療または指導を受けることが大切です。

メタボリックシンドロームの治療には、生活習慣の改善が必要です。
適切な食事と運動で体重を減らし、内臓脂肪を減らすことが重要です。また、医師が処方する薬を使うことで、糖尿病や高血圧、脂質異常症を改善することもできます。
予防のためには、定期的な検査を受けて数値を確認し、運動不足や肥満、過剰な飲酒や喫煙などの原因を改善しましょう。
病気になる前に受診し、医師や看護師に相談することで、病気を予防したり、早期発見で治療することができます。

気になる数値がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。
医師や看護師が適切な治療や指導をしてくれます。
自分で病気を治すのは難しいので、医療機関に相談することが大切です。

お茶の水院の予約はこちら

秋葉原院の予約はこちら

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME